冬越しゴボウの収穫(5/9-10)

冬越しゴボウの収穫(5/9-10)

GW明けの5/9~10の2日間で、冬越しゴボウの収穫作業を行いました。 9日は、晴れた天気ながら1日中強風が吹き荒れた日でした。 5月は紫外線が強いので、日焼け防止に帽子をかぶりたいところでしたが、とても強い風で誰一人帽子着用者は居ないほどでした。 晩秋には大きな秋田フキのような葉を広げたゴボウ。深い雪の下で枯れてしまい、春になって新しい葉を出します。 若干スが入りますが、収穫時の目印になります。 収穫作業は、ゴボウ収穫機を使います。...
わさび大根(=山わさび)の収穫(4/27)

わさび大根(=山わさび)の収穫(4/27)

最も辛みが強い「雪解け」直後のわさび大根(=山わさび)の収穫が行われました。 テレビ番組で紹介され、一躍有名になった山わさび(こちらの地方ではわさび大根と呼びます)。 北海道産が有名ですが、北海道同様、厳しい自然環境では十和田湖高原の田代平農場も負けていません。4月上旬には40~50cmの雪が残っており、なかなか雪解けが進まず、ようやくこの時期になりました。当園でのわさび大根は、14~5年前から栽培しています。 今年は、特に農場の一番奥側で栽培していたので、長い畑道の雪解けが進まないと車も向かう事も出来ず、若干遅めの収穫でした。...
春収穫の菊芋(4/25-26)

春収穫の菊芋(4/25-26)

雪解け間もなくの「菊芋の春収穫」が4月下旬に行われました。 秋田県と青森県の県境に位置する田代平農場では、今冬は降雪の量が平年より多かったのと3月の低温、4月に入ってからの降雪が何度かあり、なかなか雪解けが進まない状態でした。 予定では4月11日からの収穫作業も、2週間延期になり、ようやく畑が乾き、収穫するトラクターが入れるようになったのが4/25でした。 農場へ向かう道路はまだ残雪があります。 4月3週目の好天で一気に農場の雪解けが進みました。...
初冬の菊芋収穫(11/8~22)

初冬の菊芋収穫(11/8~22)

当園の今年最後の収穫は「菊芋」です。 日本海側中心の秋の冷たい長雨の影響で、畑に入れない日も多かったのですが、初雪の降る前に予定していた全ての菊芋を収穫出来ました。 菊芋の収穫は、霜で葉や茎が枯れてきた頃が収穫適期となります。当園では冬は2メートルを超す積雪があるので、春収穫分だけを残し、全て収穫してしまいます。 まずは、3メートルを超す菊芋の「カラ寄せ」から始まります。 今年もしっかりとした強風対策の「土寄せ」を行い、倒伏する菊芋はほんの僅かでした。 最初に刈払い機で、少しだけ根元を残し、刈払います。...
紅葉真っ盛り! ゴボウ、紫、金美ニンジン収穫

紅葉真っ盛り! ゴボウ、紫、金美ニンジン収穫

紅葉シーズンが到来し、農場へ向かう林道、農場周辺でも紅葉が見られるようになりました。 しらかば農園の野菜スープ工場から農場までは十和田湖方面に向かって約40分。途中、中滝の止滝など紅葉の名所も通り、綺麗な紅葉で心も和みます。 <中滝の紅葉> 10/27 <農場入口の林道> 10月下旬になり、ゴボウ、紫ニンジン、金美ニンジンなどの収穫が行われました。 ゴボウの収穫は3日ほど掛かりましたが、秋の長雨が続いたため、天候が良かったのは1日だけ…でした。...
採れたて野菜プレゼント出荷(10/22)

採れたて野菜プレゼント出荷(10/22)

毎年の恒例企画「採れたて野菜プレゼント」の当選者への発送が行われました(10/22) このプレゼント企画は、当園で栽培した「野菜スープ」の原材料となる「大根、大根の葉、ニンジン、ゴボウ」を野菜スープ愛飲者の方々に 抽選でお送りするものです。(応募テーマの内容を書き添えて頂いた方から抽選で20名様) 実際に目と舌で味わって頂くことで、野菜スープの原材料を確かめて貰えます。 今回は、採れたての葉付き大根の他に、おでん大根、辛み大根、ニンジン、ゴボウ、紫ニンジン、金美ニンジン、カボチャ、新米あきたこまちをお送りしました。...