菊芋土寄せ(7/16,20)

菊芋土寄せ(7/16,20)

平年より12日早い7/16に梅雨明けした東北地方。 しらかば農園のある秋田県(北東北)が四国、近畿、東海地方より早い梅雨明けになるのは24年振りだそうです。 平年に比べ、偏西風が北に蛇行した影響で、東北地方が早く高気圧に覆われたためだと言われています。地元秋田県鹿角市ではほぼ「空梅雨」状態。 農作物の水不足が懸念されていますが、しらかば農園の田んぼの用水路にも水が流れてきておらず、まとまった雨が本当に欲しいと願っています(7/21現在) さて、毎年梅雨明け頃に行う「菊芋の土寄せ」作業。...
草取り・間引き作業 最盛期(7月~)

草取り・間引き作業 最盛期(7月~)

種まきから2~3週目あたりを目途に各畑を定期的にまわり、草取りをしてゆきます。 今年は、5月下旬~6月初めまでずっと長雨や日照不足もあり、種まきがスケジュール通りにいかず、遅れてしまった圃場もあったので、あっちの畑、次はこっちの畑と本当に草取りに追われています。 雑草はまだ小さい内にとってしまうのが一番効率の良い除草方法。 立ち鎌を使い、丁寧に大根の根元までしっかりと除草してゆきます。この大根畑は、雑草が少し目立ってきた程度で、丁度良いタイミングで除草が出来ました。 次は「わさび大根畑」(7/8)...
水田の溝切り作業(7/3)

水田の溝切り作業(7/3)

水田の中干しを開始して、約3日後に溝切りを実施しました。 溝切りとは、田んぼに下の写真のような「溝切り機」など農機具を使い、田んぼに溝を切り、排水口につなげておく作業です。 溝を切っておくと、排水がスムーズになり、中干しでしっかりと田んぼを乾かす事が出来ます。 また、土中の有害ガスを抜いたり、干ばつになった場合に、逆に溝に水を溜める事になり、効果が高い作業です。 特に当園の1枚目の田んぼは、なかなか排水がうまく行かない田んぼ。...
梅雨の晴れ間の除草作業(6/28-30)

梅雨の晴れ間の除草作業(6/28-30)

6/19に梅雨入りした秋田県。梅雨の合間の晴れた日に集中して除草作業を実施しました。 先週末の「手取りによる田の除草作業」で、まだ太ももの痛みが取れずにいるものの、菊芋畑の除草作業を頑張りました。 今年は5月に「もう梅雨入りしたんじゃない?」と思わせるほど、秋田県と青森県の県境にある十和田湖近くの「田代平農場」では雨続き。 雨でぬかるんで、畑にトラクターが入れない・・・そんな状況が続き、ようやく6月初めに種植えが出来た「菊芋」ですが、平年より1週間遅くなりました。...
水田の手取り除草(6/23-24)

水田の手取り除草(6/23-24)

今年で12年目を迎える「秋田県特別栽培農産物」(特栽米)の「除草・中耕作業」の様子です。 6月19日に梅雨入りした秋田県(北東北)。 今年は九州などの様に早い梅雨入りになるかと思いましたが、平年より4日遅く、昨年より5日遅い梅雨入りとなりました。 梅雨の小雨が降る中、毎年恒例の手取りによる除草作業を兼ねた、中耕作業の様子をお伝えします。 1日目は曇りや小雨…あまりに天気が良すぎると、田面の照り返しで大変なので、このくらいの天気が作業しやすいです。...
田植え(5/26)

田植え(5/26)

今年で12年目を迎える「秋田県特別栽培農産物」認定(特栽米)の田植えの様子をお伝えします。 田植え当日の朝は少し肌寒いくらいでしたが、田植えが始まる頃には爽やかな五月晴れの良い田植え日和になりました。 田植えは多少雨が降っても行いますが、大雨や風の強い日は敬遠されます。側条肥料が濡れて詰まったり、強風で植えた苗が動いてしまうからです。 まずは、田んぼの面積に応じて苗の必要枚数分を置いてゆきます。当初の予定だった5/21が大雨で本日に延期になったので、ちょっと苗が伸びていますね。...