晩秋の菊芋収穫(11/10-22)

晩秋の菊芋収穫(11/10-22)

秋田県と青森県の県境に位置する当園「田代平農場」の今年最後の農産物の収穫である「菊芋堀り」が11月中旬に行われました。 既に近くの八甲田連峰や十和田湖、奥入瀬の「紅葉」は終わっており、晩秋か初冬と言ってもよい寒さですが、お天気に恵まれ順調に菊芋の収穫を終える事が出来ました。 当園の菊芋の収穫は、霜にあたり菊芋の葉や茎が枯れた頃から始まります。 まずは刈払い機で菊芋の茎を刈ってゆき、茎を菊芋畑から出す作業を行います。当園では「カラ寄せ」作業と呼んでいます。 これが毎年けっこう大変な作業。びっしり汗をかきます。...
採れたて野菜プレゼント(11/4)

採れたて野菜プレゼント(11/4)

毎年恒例のしらかば通信「採れたて野菜プレゼント」の出荷です。 この企画は、しらかば農園で真心込めて栽培した野菜スープの原材料をご愛飲者の方に、実際にご自身の目で見て、味わって頂くプレゼント企画です。 今年も多くの皆様にご応募頂きました。ありがとうございました。 当園の自慢の野菜達をたくさん召し上がって下さい。 今年のプレゼント内容は・・・ まずは、野菜スープの原材料である「葉つき大根」、「ゴボウ」、「ニンジン」。...
今年最後の大根収穫(10/28-29)

今年最後の大根収穫(10/28-29)

今年最後の秋どり大根の収穫が紅葉の最盛期を迎えた10月末に行われました。 この紅葉の写真は、農場に向かう途中にある大湯中滝の「止滝」周辺です。 紅葉が毎年美しく、十和田湖に向かう途中にありますので、観光客がよく立ち止まって写真を撮っています。 こちらは農場。 写真では小さくて分かりにくいのですが、遠くに見える「八甲田」の山々では既に紅葉は終わり、山頂付近は雪で覆われています。 早朝はとにかく寒くて、車のフロントガラスはかなり凍っていました。 この最後の大根は8月下旬に種まきしたものです。...
紫ニンジン・金美ニンジンの収穫(10/26-27)

紫ニンジン・金美ニンジンの収穫(10/26-27)

「紫ニンジン」と「金美ニンジン」の収穫が、十和田湖・奥入瀬の紅葉が真っ盛りの中、行われました。 今年は梅雨時期からの長雨と8月の豪雨の影響で、根物野菜は収量を落としていますが、紫・金美ニンジンも同様でした。 寒くなってきて肥大化が進み、サイズはL~LLサイズで大きめです。 金美ニンジンは、肉質は柔らかめで洗うと綺麗なレモンイエローで、上品な甘さがあるニンジンです。 生食でもいいですし、油との相性が良く、油炒めがすごく美味しいニンジン。煮物も美味しいですよ。...
脱穀作業(10/20)

脱穀作業(10/20)

今年で13年目を迎える秋田県特別農産物の認定取得している「はさがけ天日乾燥米」の脱穀作業の様子をお伝えします。 稲刈りとはさがけ作業から2週間経過し、太陽と爽やかな秋風でじっくりと時間を掛けて天日自然乾燥させ、ようやく脱穀作業が出来るようになりました。 脱穀の前日。稲穂が朝露に濡れていると脱穀出来ないので、午前中に脱穀するはさ分はブルーシートを掛けて濡れるのを防ぎ、朝8時からの作業が出来るように準備します。 秋晴れに恵まれ、午前8時過ぎ脱穀スタート。...
実りの秋! 収穫最盛期です

実りの秋! 収穫最盛期です

秋田県と青森県の県境に位置する十和田湖近くの田代平農場では、収穫最盛期を迎えています。 まずは秋どり大根。 9月中旬から週1回のペースで収穫が行われています。 今年は7月の長雨と8月の記録的豪雨の影響で夏どり大根の収量は減少したものの、その後の天候回復で秋どり大根は大豊作となっています。 10/5に行われた秋大根2回目の収穫では、1日で4トンを超える収穫量。仮に平均1本当り700gとしても6,000本以上。中には1kg超の特大サイズもありました。...