出穂期を迎えています(8/5)

出穂期を迎えています(8/5)

連日の真夏日が続く秋田県鹿角市。 本日(8/5)は全国39都府県に熱中症警戒アラートが発表されていますが、厳しい暑さが連日続いています。本日は野菜スープの製造日ですが、明日から週末にかけての草取り作業はこの暑さの中、想像したくないほど過酷・・・こまめな水分補給と休憩で何とか乗り切りたいです。 今年で11年を迎える「秋田県特別栽培農産物」(特栽米)の圃場では、8月に入り「出穂期(しゅっすいき)」を迎え、夏空の下でぐんぐん穂が伸びています。...
大根・ゴボウ畑の草取り(7/29,30)

大根・ゴボウ畑の草取り(7/29,30)

梅雨明け後ですが、一向に雨が降らず、雨が欲しいところ。曇り空にはなるのですが、天気予報は外れて、本日も暑さの中の除草作業です。 まずは、大根畑の草取り。 一面に草が出ています。まだ、小さいので立ち鎌を使って、大根の葉を傷付けないように丁寧に除草します。 除草が入った後に、トラクターで「カルチ掛け」。 畝と畝の間を「中耕」することで、除草した草ごと中耕することで取りこぼしや除草した雑草がまた生えてくるのを抑えます。 翌日からは、「ゴボウ畑」の草取り。...
菊芋土寄せ(7/16,20)

菊芋土寄せ(7/16,20)

平年より12日早い7/16に梅雨明けした東北地方。 しらかば農園のある秋田県(北東北)が四国、近畿、東海地方より早い梅雨明けになるのは24年振りだそうです。 平年に比べ、偏西風が北に蛇行した影響で、東北地方が早く高気圧に覆われたためだと言われています。地元秋田県鹿角市ではほぼ「空梅雨」状態。 農作物の水不足が懸念されていますが、しらかば農園の田んぼの用水路にも水が流れてきておらず、まとまった雨が本当に欲しいと願っています(7/21現在) さて、毎年梅雨明け頃に行う「菊芋の土寄せ」作業。...
草取り・間引き作業 最盛期(7月~)

草取り・間引き作業 最盛期(7月~)

種まきから2~3週目あたりを目途に各畑を定期的にまわり、草取りをしてゆきます。 今年は、5月下旬~6月初めまでずっと長雨や日照不足もあり、種まきがスケジュール通りにいかず、遅れてしまった圃場もあったので、あっちの畑、次はこっちの畑と本当に草取りに追われています。 雑草はまだ小さい内にとってしまうのが一番効率の良い除草方法。 立ち鎌を使い、丁寧に大根の根元までしっかりと除草してゆきます。この大根畑は、雑草が少し目立ってきた程度で、丁度良いタイミングで除草が出来ました。 次は「わさび大根畑」(7/8)...